夫、1段階目クリア(大型二輪免許)

夫です。
普通二輪免許取ったばっかりですが。早速大型二輪の1段階目を無事パスすることができました。それも大型の1段階目は5時間しかないのですよ。正直普通でも大型でも運転した感じはそこまで変わらなかったですよ。以下は教習のメモになります。

1日目(1、2限目)

1限目。乗る前の取り回しで大型の重さにびっくり。CB400よりだいぶ重い印象。でも、走れば特徴は違えどただ走るだけであればCB400とNC750は大して違わない。とりあえず、外周路をぐるぐると回る。なんか、ドコドコ低音響かすガサツな感じのエンジン音で、回転も少しラグがあり、つまらないなーと思った。とりあえず、外周路をグルグルとまわった。降車後、教官がバイクのメットインを開けてくれた。便利そう!!!!!!!!!!

2限目。まずは1コースと呼ばれている、法規運転のみの練習コースを走る。その後、スラロームとクランクを練習。教官の指摘で、若干カックンブレーキになっているとのことで、もっと積極的にリアブレーキを使う練習をした。リアブレーキロックギリギリを狙い減速し、スラロームへ入っていく練習だ。リアタイヤをロックさせたりしながら練習した。うん、教習もバイクも楽しくなってきたぞ、NC750も良いじゃないか、のんびりツーリングには良いかも、なんて考えていた。大型の方が体力を使うのか、教習終了後はいつもより疲れた。

2日目(3、4限目)

3限目。今日は2コースと呼ばれる、テクニカルエリアを主に走行するコースで練習する。今回は波状路のやり方を初めて教えてもらった。見た目が格好良く見えるように練習した。また、普通二輪後半でいきなり下手になった急制動のやり方を修正してもらった。前まではリアブレーキを強く踏みすぎ、フロントを使えてなかったため、リアタイヤがロックしてしまっていた。リアブレーキは添えるだけ、フロントブレーキを軽く握って車体前側が沈み込んだらグググっと更に握り込んで行くようにした。上体もブレーキ開始と共に後ろに少し持っていき、減速に耐えられる姿勢を作った。結果、リアタイヤもロックせず、停止位置も規定位置よりも手前の白線までに止まれるようになった。なんでも基本が大切だ。

4限目。引き続き急制動の練習。また、立ち姿勢のまま法規運転用コースを走ったりもした。これがなかなか難しい。

3日目(5限目)

5限目。今日は主に波状路と一本橋の練習をした。波状路は段差ごとに毎回アクセルを開けなくても良いとのこと。一本橋はニーグリップをしっかり、半クラッチとアクセルを多めに開けて(鬼の半クラ)速度をリアブレーキで調整する形をとった。一本橋走行中はハンドルをワザと小刻みに左右へ揺らすことによってバランスが取りやすくなる。教習後、1段階目合格を告げられた。

やはりバイク教習は楽しいですね。2段階目も順調に行くといいな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中