夫、第2段階目クリア(大型自動二輪)

夫です。先日大型自動二輪の2段階目を無事パス出来ました。残るは卒検のみとなりました。教習内容を自分のメモがわりに綴りたいと思います。

3日目(1限目)

1限目。小旋回の練習をみっちりした。小旋回を繰り返す教官を追っかけっこしたり、八の字のパイロンの内側で小旋回したり、難易度が高かった。コツとしては、目線は回転中心、バイクのお尻を視野に入れる、バイクは倒して自分は起きる(リーンアウト)、タイヤの端を使うイメージ、などを教官から教わった。自分は体を内側へ倒す癖があるため、良くバランスを崩した。Uターンの練習で1度半ゴケ(倒れる寸前で耐えてフリーズ。教官に起こしてもらう)、1度全ゴケした。バイクの引き起こしは大丈夫でしたね。練習しているうちに八の字パイロンの内側でもフルロックターンでまわれるようになった。この教習は難しかったけど、非常に良い練習にもなりましたね。免許取得後もどこかで同じ様な練習が出来ればいいけど。。

4日目(2限目)

2限目。400ccのCB400SFに最初乗った。久しぶりに乗ったCBは非常にスポーティーにヒラヒラとした身のこなし。大型に乗り慣れた後だとクイック過ぎて少し乗りずらい。途中で教官を追いかける練習をした。左旋回中にリアブレーキを踏み、リアタイヤが盛大にロックしてよろけたりした。今日も小旋回の練習。前回の練習成果が出せたかな。残りの時間は通常練習。途中でリアブレーキパッドが終了しゴロゴロ音。最後の1分で急いでスラロームもう一回やろうとして、右折待ち。ふと右側に車いるかなと思って振り向いたら、極低速で右側にコケた。後ろに他の教習生が並んでいたので、すぐにキーをオフにまわし、サイドスタンドを手で降ろして、バイクを引き起こした。 自分のバイクじゃなくて良かったって思う。

5日目(3限目)

 3限目。シミュレーター教習。危険しかない町を走行する。事故と走行後に機械が走行内容を判定してくれる。一度狭い住宅街を徐行中に、対向車がわざと衝突してきた。事故死したけど、判定は何故かオールA。ちょっとおバカな所もあるけど、安全運転の為にはシミュレーター教習も無駄ではないと思う。

6日目(4、5限目)

4限目。2コースを中心に練習した。急制動はブレーキングのタイミングと制動距離はバッチリなので、速度を少し削る様に指摘を受けた。一本橋は規定に対して少し時間が足りない様だ。波状路はスピードを少し高めで入り、その後速度をリアブレーキで調整した方が良いと習った。これはエンスト(=波状路では試験中止)のリスクを減らす為だ。

5限目。Aコースを練習。卒検用コースのAとB二つあるうちの一つだ。今日は波状路通過時の立ち姿勢を教えてもらう。スキージャンプのK点越えの様に、頭はメーターの位置まで持ってくる。また、加速時に安定する様、手は添えるだけ。習った立ち姿勢で法規運転コースや波状路を走行練習した。

7日目(6、7限目)

6限目。もう一つの卒検コースであるBコースを練習。AとBコースは走行ルートが結構違うので、少し覚えにくい。テクニカルエリアは仕上げのため反復練習。最後にAコースを走行しようとしたらルートを間違えた。

7限目。卒検コースのAとBコースを交互に走行した。上手くいけば次は卒検なので、卒検のつもりで気合を入れて走った。教官の評価は特に問題なしとのこと。無事2段階目を合格できた。

最後に残すは卒検のみです。1週間前から緊張します。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中